夏の休日の話し方はジムに花火に目白押し

夏は鮎釣りに行きます。朝4まま起きます。そして端末でメールチェックをした残り、朝めしをとります。包みラーメンをいつも食べてある。次に弁当つくりだ。自分で弁当を作ります。これが楽しみです。御飯にふりかけをふり、卵焼きとウインナーであったり、フィッシュバーグであったりと自分の好きなものを焼いていれます。そしてアイスコーヒーを作り呑み終わると5ままなるので車種で始動だ。約1時間15分のいきさつだ。車内では自分でやり直ししたCDを鳴らしてある。ほとんどオールディズで邦楽軸だ。現場に着いて釣り始めるのはひと通りいつも7ステージだ。
鮎釣りは友釣りだ。目当てのポイントで竿を生み出し鮎を狙います。相応しいyes鮎が居ればそこで一年中拘りますが、居ない場合は仕事場引っ越しをします。多い時は5ヶ所くらい回ります。
11ステージ~12ステージの間に弁当を食べます。自分の大好きと食べたいかさを入れているのでいつも満足です。
終わると昼過ぎの釣り旅立ちだ。ひと通り15ステージくらいで終了しますが、鮎が多いときはたまに17ステージくらいまで拘ります。終日遊んで家路につきます。
家路の楽しみがあります。途中上級で香ばしいポテトチップスを2包み買います。疲れたときにこれが美味いのです。それを食べながらマンションに舞い戻り着いて、釣りツールを干して、最後に飼い犬のシーズーをウォーキングに連れて行って私のOFFが終わります。http://xn--nbkxd8a6b5dygq68tvnxb.biz/